運動や睡眠中の男性たち

40代、50代になると徐々に衰え始める男性機能ですが、まだまだ現役で頑張りたいという方に男性機能の回復方法についてご紹介いたします。運動や睡眠、減酒など様々な方法をご紹介しますので是非ご覧ください。

男性機能と酒豪と腎臓について

酒豪とは、お酒をとてもたくさん飲む人のことであり、その量は、普通の人がもうぐったりとしてしまうお酒の量でも、酒豪の人は、どんどんとさらにお酒を飲めてしまう状態であります。

そのため、酒豪の人の場合、体、特に肝臓には大きな負担がかかってしまうことが事実です。

肝臓とお酒との関係はよく言われることですが、お酒をあまりにも飲みすぎると、肝臓が疲れ切ってしまい、肝臓にとってあまりよくないことになってしまいます。

それでは、一方で、体の機能の一部、腎臓ではどうでしょうか?

よく酒豪の人がお酒を飲む際には、おつまみを食べるものです。

例えば塩辛い食べ物であったり、塩辛い味付けの料理であったり…とこのようなおつまみが腎臓に負担をかけてしまうことがあるのです。

塩辛い食べ物を食べると、当然、水分が飲みたくなります。そこで水分もどんどんととって、それをあまりにも多く負担をかけてしまうと、腎臓に大きな負担がいってしまうことになるのです。

そのため、お酒が腎臓に負担をかける…というよりは、お酒のおつまみなどが、塩辛いものであったり、味付けの濃いおいしいものであったり…といった場合に、腎臓に負担がかかってしまうと言われています。

また、お酒は、男性機能を活発化させることもあります。

よくお酒を飲むと、異性と関係を持ちたくなるということがありますが、それはこの男性機能とお酒が関係しているからです。

よくほろ酔いなどになると、男性機能が働く関係から、異性と関係を持ちたくなる人がいる一方で、お酒を飲むと、ぐったりとしてしまい、疲れてしまい、逆に男性機能が働かなくなる…という方もいるため、全員が全員、お酒と関係があるとはいえません。